里山」タグアーカイブ

出雲の山墾り〜竹の焼畑2021

7シーズン目に入った奥出雲の「竹の焼畑」。竹とは不思議な生き物だなあと改めて思います。そう思いません?
さて、この活動なるものは、奥出雲町佐白のダムの見える牧場の未開拓地たる荒廃竹林を伐開し、火入れ、畑で雑穀などを栽培しながら植生遷移を観察しつつ山仕事をすること。……というのが主なところです。ここは、その日程などを告知するページ。よろしくお願いいたします。活動名称を一昨年から「出雲の山墾り」としています。焼畑関連が主とはいえ、一見はみ出ているようなことも含んでいます。


◉次回の活動予定日 schedule

3月29日(月)or3月30日(火)…地カブ調査(菜の花を探して)

※内容は天候などによって適宜決めていきます。また、時間未定です。お問合せください

★春です。竹山ではそろそろ筍がとれるようになります。山墾りは火入れへ向けて竹の整理を中心に、畑や山の道の整備など。
★初心者歓迎。

◉集合場所
ダムの見える牧場(島根県仁多郡奥出雲町佐白529-1;下の案内図参照)に集合。時間帯は予定日をご覧ください。ただし終日活動の日もありますし、時間帯内の1〜2時間だけでも参加はできます。

◉持ち物・服装など
※冬季でも動くとけっこう汗をかきます。通常のレインウェア+αを用意して、現地で適宜調整してください。また竹を運んだりすると泥などでかなり汚れます。手袋(できれば革製。大きめのもので二重にするなどでもOK)などは濡れること前提で複数用意し、ゴム手袋が一組あると役立ちます。
・長袖と頭部を覆うバンダナや帽子、タオル等(肌と頭部が隠れる服装)とレインウェア(雨風をしのげるもの)
・斜面でも滑りにくく歩きやすい靴や長靴
・手袋や軍手など手を保護するもの
・水分補給用水筒やペットボトル等
・夏期には虫除け(携帯用蚊取り線香、スプレーなど…)。

※以下はある人は持参いただけるとよいです。こちらでも用意はあります)
・ノコギリ、ナタ(モウソウチク、低灌木伐採)
・ヘルメット

◉参加希望者記入事項
※氏名
住所
※連絡先(メールアドレス、電話番号)
※参加希望日
メッセージ(質問、やりたいこと、できること、できないことなど)
以上をご記入の上、下の問い合わせフォームから送信ください。遅くとも2日以内に返信いたします。※は必須項目です

    なお、送信がうまくできないという方へ。【森と畑と牛と】の方でお試しください。
    また、お問合せ・お申込はFAXでも受け付けています。
    fax 0852-35-5139


    ●案内図(初めて来る人へ)
    yakihataplace201606

    ◉終了履歴
    1月7日(日)竹林整備(伐倒・整理)と菊芋掘り;1名。14:00〜17:30、曇り↑12℃↓10℃
    1月13日(土)竹林整備(伐倒・整理)と菊芋掘り;1名。15:00〜18:00、晴れ↑18℃↓13℃
    1月16日(火)竹林整備(伐倒・整理);1名。15:00〜17:30、曇り↑4℃↓3℃
    2月19日(金)消炭づくり準備(雪かき等);2名。14:30〜17:30、晴れ
    2月20日(土)消炭づくり(春焼き予定地防火帯区);3名。9:30〜18:30、晴れ
    3月8日(月)→中止
    3月13日(土)→中止
    3月20日(土)→中止

    ◉趣旨
    †.「出雲の山墾り〜竹の焼畑2021」は、人が見向きしなくなることで荒廃してしまった山野を切り開き、生態系管理手法のひとつとしての焼畑によって、再生させようという活動です。人口減少下の中山間地の環境保全・国土保全のための手法開発の実験でもあります。
    †.今年で7年めとなる取組は、島根大学の学生グループである里山管理研究会、奥出雲の団体である奥出雲山村塾、森と畑と牛と、放牧酪農を行うフィールド提供者・ダムの見える牧場、の5者を中心とする、複数の団体や研究グループが共同する事業です。メンバーは県外からの参加者や歴史や生態学の研究者などバラエティにとみ刺激的です。
    ◉山墾り
    やまはり、と読みます。開墾の墾をはるとよむのです。万葉集の時代にまでさかのぼる古語ではありますが、今の時代にあっても身に染み入る語感を有しています。
    「開墾は藪を刈り払って墾す時に」とは、吉野せい『洟をたらした神』に収められた「春」の一節。はるとは、払、遙、原、そして春の語幹となっているように、はらいのけてはるかにみわたせるようになることの義をもちます。

    春がきた♪野山の手入れ@奥出雲Iwachiの谷/Wanted Volunteers to Preserve Satoyama in Okuizumo,Japan

    ◆ここは作業日時と場所を主にお伝えする「板」です。趣旨などは最下部参照。
    春です。着々と春です。ミツバチたちが巣作りをはじめています。われわれもフィールドをつくっていこうではありませんか。……というわけで、3月11日にとりかかろうと思います。

    参加申込みとお問合せは下の方のフォームからどうぞ。

    ◉活動予定日 schedule
    pre.1……2017年3月5日(土)→済(記録)
    sec.1……3月11日(土)/March 11 (Saturday)→終了_春がきた♪野山の手入れ-sec.1 2名
    sec.2……3月18日(土)/March 18 (Sat)→終了 春がきた♪野山の手入れ-sec.2 1名
    sec.3……3月19日(日)/March 19 (Sun)→終了 春がきた♪野山の手入れ-sec.3 4名(+子ども3名,見学4名)
    sec.4……4月4日(火)/April 4 (Tue) ※特別編です:土と水と畑を診る会
    sec.5……4月5日(水)/April 5 (Wed)
    ★4月9日&4月15日〜16日は活動イベントとして「タケノコ山の春遊び」やります。
    We will do “Spring play of mountain bamboo” as an activity event on April 9th and April 15th to 16th.
    ◉集合場所・時刻/Meeting place&Time
    おおむねダムの見える牧場(島根県仁多郡奥出雲町佐白529-1;添付地図参照)におよそ10:00集合。休憩はさんで16時00分頃まで
    It is approximately 10:00 gathering on a Damu no mieru bokujou (529-1,sajiro,Okuizumo-cho, Shimane prefecture ,Japan). We will work till around 16:00 taking a break several times.
    ◉参加費/Entry fee
    基本的に無料です。
     Basically it’s free.
    ◉持ち物・服装など/What to bring, clothing
    ・お昼に食べるもの(お弁当・おにぎりなど。事前に人数わかれば雑穀サラダのおつまみ、野菜カレーなどつくります)
    ・水分補給用水筒やペットボトル等
    ・長袖と頭髪を覆うバンダナやタオル等(肌と頭部が隠れる服装)
    ・斜面でも滑りにくく歩きやすい靴や長靴など
    ・手袋や軍手など
    ・Lunch prepared by yourself
    Water bottle for refilling water, bottle drink, etc.
    Long-sleeved clothes and bandana covered hair and towels etc.
    Shoes and boots that are hard to slip on the slope and are easy to walk.
    Work gloves
    ◉参加希望者記入事項
    氏名
    住所
    連絡先(メールアドレス、電話番号)
    参加希望日
    動機・希望(やりたいこと、できること、できないことなど)
    下のフォームから送信ください。

    (※フォームは締め切って閉鎖しました)

    A volunteer participant is recruiting through the menu below.
    It is mainly outdoor activities. Beginners, veteran, age and young and old, …anyone welcome!  No problem!  Because people are not enough!
    Please send a mail by form

    1. Preservation of devastating bamboo groves …… It is logging, transporting and bamboo. Various for reborn into a pleasant bamboo forest.
    2. Preparation of slash and barn(as traditional agricultural practices).
    3. Preparation for turnip seeds …… In order to leave a nice turnip seed, we also grab and eat ”nabana” flowers and care for it.
    4. Making tools for bamboo papers, fiber drying, prototyping, etc.
    5. Sorting of millets and trial production of dishes.
    6. As preparation for the event in late April, preparation for making bamboo papers that can be experienced by parents and children or preparing bamboo cups.
    7. Survey of listening to the elderly as a regional food culture survey.


     

    (※The form had closed.)


    ●春焼き地に稔ったアワ
    20160831-p114057302

    ●案内図(初めて来る人へ)
    yakihataplace201606

    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    ごまめのはぎしり
    ◉奥出雲山村塾&森と畑と牛と の活動で春のフィールド編その1的位置づけであり、綿々と受け継がれてきた山に生きる基層文化の継承・再生・調査をもとに、新しい山村のあり方を創造していこうとする活動の一環です。
    ◉趣旨&目的(大枠)
    ・失われた自然循環農法としての焼畑実験
    ・荒廃山林利用を基軸とした人口減少下の中山間地管理の新手法の開発
    ・民俗知保全を目的とした雑穀在来作物栽培と料理法の調査研究
    ◉参加資格
    年齢経験などの制限、設けていません。できる・やりたいという意志を優先して受け入れます。できるかも、やりたいかもの「かも」つきでも結構。
    ◉注意事項

    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    ◉メニュー
    1.荒廃竹林の整備……竹の伐採、運搬、炭づくりです。気持よい竹林に生まれ変わらせるためのいろいろ。おいしい筍をとって食べることも大事な活動のひとつ。
    2.焼き畑の準備……今年火入れをする山野の整備。燃える材の伏せ込み(竹や木の枝などを積み増しします)や防火帯づくりなど。
    3.カブの種とり準備……焼き畑のカブが薹立ちして花を咲かせ種となります。よいカブの種を残すためにも、菜花を摘んで食べたりして、よく手入れします。
    4.竹紙づくりのための道具づくりや繊維干し、試作など。
    5.雑穀の選別や料理の試作など。
    6.4月下旬のイベント準備として、親子で体験できる竹紙づくりもしくは竹のコップづくりの準備。
    7.地域の食文化調査としての、お年寄りへの聞き書き調査。

    20160925-P114072602