group outline/団体概要

English in the lower part

代表幹事・大石亘太
幹事・面代真樹
役員会員数合計・5名

●事務所所在地
〒699-1434 島根県仁多郡奥出雲町佐白529-1 ダムの見える牧場内
[木次office] 〒699−1311 島根県雲南市木次町里方331−1 

●活動理念と目的

奥出雲の小さな山村は、水を蓄え、資源を育み、食やエネルギーをまちへ送る役を果たしてきた。そうした山村と町の連なりが都市を育み、世界と繋がり、今日の生活経済文化圏がある。村を破らず川を荒らさず山を荒らさず真の文明を築き上げてきた先人の営為に万感横溢するを禁じ得ない。しかるにここ数十年来、圏域をめぐる循環を生み出す源流、山村における諸事の荒廃と産業の凋落には底が見えない。人的資本は減耗の一方である。
くわえて現在、地域固有の在来作物や採集草木利用ならびにそれと連なる民俗文化はまさに消滅しようとしている。千年を超える時と営為が培ってきた衣食住の民俗知は、一度この世界から失われたら二度と再生できない。
しかし……。

生命現象における死は再生と同じ地平にある。より存在する為に複雑、多様化しつつ、時にはそれを捨てる。私たちは、ひとつの文明の滅びのなかから、創出の道を歩もうと思う。森は、殺したり殺されたり食べたり食べられたりしながら、複雑精妙な共存共生の場をつくる力をもっている。人は、牛を飼い畑をつくることを通して森の生命場とつながりうる。

牛を飼うことも畑をつくることもかなわぬ存在はどうすればいいのか、まちにすむ人も、いまや土をさわることもない村に生きる人も。
そう。私たちは食べることができる。
「食べることは生きること」
私たちは、この言葉を噛み締めながら、食をめぐる、深く広がりのある文化を再構築していくことを第一の目的とする。

第二に、農林畜産等の一次産業を根底で支え続けてきた地域固有の伝承知を、生態系管理技術として捉え、現代社会への適応と保全をはかり、人と自然との共生を持続可能なものにしていくことを目指す。

第三に、障害のある人、介護が必要な人、言葉が異なる異文化の人、その他、多種多様な人々が、食べることを通じて共生できる場をつくり出していく。

そして、移行期的混乱の闇の中、先が見えない山村にあって、この場に集うひとりひとりが、小さくとも強く、暖かな灯りとなって、美しい野山と人の世界をつくりだす希望となろう。

 

●事業内容
1.荒廃林・放棄地を焼畑等の伝統農法により再生する事業
2.人的資源の減少局面にある中山間地における新たな土地管理手法(水循環等も含めた環境資源の評価・管理といった全体的生態系管理手法)を開発する活動
3.奥出雲と類縁文化圏で消失の危機にある在来作物や草木利用文化を調査研究するともに、資源としての保全と生活の中での再生をはかる活動
4.地域固有の食文化を築き上げていくための社会教育活動
5.ダムの見える牧場とその周辺地域を拠点とした産業の振興と雇用の創出
6.奥出雲の里山自然を活かした体験プログラムの企画開発
7.社会福祉に資するとともに上記事業を推進しうるような様々な取り組みの実践研究
8.その他、森と畑と牛との目的を達成するための必要な事業・活動

Group Outline

Representative secretary – Kouta Ohishi
Secretary- Masaki Omojiro
Total officer, memberships – 5

●Office location
529-1,Sajiro,Okuizumo-cho, Shimane-ken, 〒699-1434, Japan

●Activity philosophy and purpose

A small mountain village in Okuzumo has accumulated water, nurtured resources, and played a role of feeding food and energy to the town. As such a series of mountain villages and towns nurture the city or connect with the world, there is a life economic and cultural sphere today. However, in recent decades, there is no bottom in the root of creating a cycle around the area, the decline of agriculture, forestry and livestock industry supporting the sustainability of local area. Human capital is one of depletion. In addition, the culture unique to the area and using cultivated plants and trees is about to disappear. The folkloric knowledge of food, clothing, shelter and livelihood cultivated by acts over a thousand years, once lost from this world can not be regenerated again.

“To eat is to live.” While we think deeply these words, we aim to rebuild deep and expansive culture around food.

Secondly, we regard region-specific traditional knowledge that has supported the primary industry such as agriculture, forestry and livestock as the foundation, as ecological management technology, adapt and preserve to modern society, sustain harmonious coexistence between people and nature We aim to make something.

Third, we will create a place where people with disabilities, people who need nursing care, people of different cultures with different words, and many other people can coexist through eating.

And in the darkness of the transitional turmoil, in the mountain village where we can not see, each one gathering at this group wishes to hand over the beautiful Noyama to the next generation, becoming small and strongly warm light .

●Business contents
1. Project to regenerate degraded forests and abandoned areas by traditional farming practices such as slash-and-burn farmland etc.
2. Activities to develop a holistic ecosystem approach to environmental resource assessment and management for middle and mountainous areas in the decline of human resources.
3. Study on traditional crops and gatherer cultures which are in danger of disappearance in Okuizumo and related cultural areas, as well as activities to conserve and reproduce as resources.
5. Promotion of industries based on the ranch where the cattle farm-Damuno mieru bokujou and its surrounding areas and creation of employment.
6. Planning and development of experiential program utilizing Satoyama nature in Okuizumo.
7. To contribute to social welfare and to promote the above project Practical study of various initiatives.
8. Other necessary activities to achieve the purpose of our group named Morito hataketo ushito.