Uncategorized」カテゴリーアーカイブ

暑い夏

Published / by omojiro / Leave a Comment

夏は暑いものですが、今年の暑さはなにかが違うようです。気温、湿度、気圧、日照、降水量……そうした数値以外の何かがあるようで。菌の様子、カビの出来具合、セミや鳥や虫たち、川辺のヨシの生育度合い、松の様子、葛の開花の具合などなど。

焼畑の雑穀はどれも元気がない。夏となればいっせいに生命力を表にババーンと出してくるのですが、その迫力が感じられないのです。土が違ったり、今年の夏の異変だったりもあるでしょうが。ま、もう少し見守っていきます。そう、燃え残った竹を集めて消し炭づくりをします。バーベキューなどやろうかとも。お知らせはまた追って。8月中旬予定。

夏の大仕事、草刈りは随時やっていますが、日程などはこちら、奥出雲山村塾の日程サイトで。出雲の山墾り〜竹の焼畑2019 http://s-orochi.org/public/archives/871

7月28日に撮影した焼畑の様子をいくつかあげておきます。

P1290517-2
タカキビ。今年は発芽も生育もにぶいのですが、ようやくぐいぐいとのびてきました。
このあたり、もっと群生してしかるべきなのです。発芽率にして1〜2割でしょうか。
P1290509
実験的混植です。
モチアワ、ヘミツルアズキ(畑ササゲ)、ホンリー。
P1290513
苗植えした陸稲です。直播よりも生育はかなり良好。今年のこの火入れ地、急傾斜で、土も粘土質から砂礫っぽいところまでさまざまです。しかも、ちょっと鍬入れしてみないとわからないところもありで、こうした要因が大きければ、手間をとっても苗植えがよいというのは、身にしみて感じました。
ヒエやシコクビエの苗植えというのも、そういった背景を想像させます。

春焼き〜出雲の山墾り,竹の焼畑2019

Published / by omojiro / Leave a Comment

〜〜課題をたくさん残しながらも、火入れは、うまく終えることができました。みなさまに感謝申し上げます。簡易の速報レポートは以下のリンクからダウンロードできます(速報版につき再配布についてはご遠慮ください)〜

春焼き〜出雲の山墾り,竹の焼畑2019レポート(速報版)

〜〜〜〜告知時のテキストです〜〜〜
今年で5年目となる奥出雲での焼畑再生の試みです。
ひとつには、乳牛放牧地内にある荒廃した孟宗竹の林を伐開し火を入れること。春焼きと私たちは読んでいますが、いま、国内で春に火を入れる焼畑は、管見の及ぶ限りここ奥出雲だけです。火入れの後、畑として在来作物や雑穀など多種混交の畑を数年つくり、草や木や土が、虫や鳥とともにどう遷移していくかを観ていきます。そして、牛と畑と森と、それぞれが生きていける環境へと導く、「切り札」として人の活動をつくりあげていこうという、愉快な取り組み。それが出雲の山墾りです。目ざすところは大雑把そんなものですが、結果らしきものがみえるのは二十年後あるいは五十年後でしょうか。

さて、日程など目下、6月2日(日)に向けてカウントダウンに入っています。
「見たい」「やりたい」「興味ある」方は、担当面代(オモジロ)までメッセージください。
fire★s-orochi.org まで。 (★を@に変えてください)
あるいはページ下のフォームをご利用ください。

▼日時
2019年6月2日(日)※注1
11時00分頃着火予定。順調にいけば15時までには延焼終了。
参加される方は8時00分〜9時30分のまでの間に受付をすませてください。

▼場所
島根県仁多郡奥出雲町佐白529−1(ダムの見える牧場)
牧場内の林地です。
1区画、約18aぶん(草地含む)※2区画の予定を1区画に変更しました。

▼その他
播種は混植にて以下のものを予定しています。アマランサス、ホンリー、里芋、ハタササゲ、ヒエ、タカキビ、地這いキュウリ、サツマイモ、カボチャ、トマト、甘唐辛子。また収穫後の後作として小麦、大麦、大根。

※注1
6月1日現在、ほぼ確定です。
5月31日に降雨

P1290274-2

参加を希望される方へ
ありがとうございます。
公道から「見学」もできますが、観るだけでなく、熱、音、匂い、風…、その場に「当事者」としてたつことで、感じたり考えたりできることがたくさんあります。どなたでもできることの範囲内での参加を歓迎します。
また、遠方から参加希望の方へ。アクセス方法や宿泊などの情報提供いたします。最下部にあるフォームをご利用いただくか、FAXにてご連絡ください。

●持ち物・服装など
・水分補給用水筒やペットボトル等
・昼食(午前のみ午後のみの方は不要:お弁当、おにぎりなど)
・長袖と頭髪を覆うバンダナや帽子、タオル等(肌と頭部が隠れる服装)
・斜面でも滑りにくく歩きやすい靴や長靴
・手袋や軍手など手を保護するもの
・その他、各自必要と考えるもの
・ヘルメット(ある人は持参いただけるとよいです。こちらでも用意はあります)
●参加費
500円(傷害保険料含む)
※ただし、以下の方無料
・学生
・「森と畑と牛と」メンバー、ならびに友の会会員※
※「MHU応援缶バッジ」を持っている方を友の会会員としています。入会希望についてはお問合せください。
●参加希望者記入事項
※氏名
住所
※連絡先(メールアドレス、電話番号、住所)

下のボックスにchを入れて送信ボタンを押して下さい。Please put ch in the box below and click send button(figure:送信)

●問合せ
fax 0852-35-5139 

†.今年で5年めとなる「出雲の山墾り〜竹の焼畑」は、島根大学の学生グループである里山管理研究会、奥出雲の団体である奥出雲山村塾、森と畑と牛と、放牧酪農を行うフィールド提供者・ダムの見える牧場、の5者を中心とする、複数の団体や研究グループが共同する事業です。

静岡で焼畑フォーラム

Published / by omojiro / Leave a Comment

さる3月16日、静岡市内のホールで焼畑フォーラムが開催されました。テーマは「焼畑が拓く食・森・地域の未来」。一般参加も含め132名が集いました。多くは静岡市内、もしくは静岡県内の市町村の方でしたが、新潟潟、東京、神奈川、茨城、埼玉、愛知、京都、大阪、兵庫、鳥取、高知からも。
17日は大井川の上流部にして標高1000m地帯・井川地区(南アルプス)でのエクスカーション。その一端を報告します。
このフォーラムは、焼畑実践者の集まりであることに大きな意義と特徴があります。参加地域は地元の静岡県井川地区、山形県鶴岡市とお隣の秋田県山北、福井の味見河内、滋賀の余呉、宮崎県の椎葉、熊本県水上、そして奥出雲。こちらは50人ほどが集う、濃密な会なのです。

森と畑と牛と。としては、島根大学里山管理研究会、奥出雲山村塾とともに面代が代表して行ってまいりました。発表資料はのちほど公開予定ですが、2つだけ要点を。

・奥出雲の竹の焼畑……伝承を調査しながら、実践している。今年で5年目。在来種は、林原のタカキビ、三刀屋(おそらく三沢も同系)の里芋、横田小蕎麦。多種の混作を200種を目標に試行中。

・焼畑地でガーデンパーティーを……2017年の夏、佐白の焼畑地のそばでガーデンパーティーを開きました。私たちの夢=目標は、このパーティーで使う食材のすべてを焼畑でとれたものにすること。イタリアのアンドレア・ピエローニは世界最高の食のあり方をおく定義しています。
「一つの皿の上で土地の生態系を体験するのみならず、その地域の歴史や伝統も感じることができるもの」
これができるのが焼畑であると、そう思い精進する日々です。

●在来作物の宝庫としての静岡
じつは多いんですね。静岡大学が行ってきた調査によれば、県下に少なくとも70品目250種以上。なかでも焼畑を数十年ぶりに復活させた井川の本村、小河内を最北とした奥静岡(オクシズ)エリアには120種と集中しています。以下のリンクをご参照ください。

静岡在来作物ガイドマップ
http://www.city.shizuoka.jp/000162419.pdf
大川地区と玉川地区のマップ。ガイドマップは井川などもう一種類あるはずですが、たどれず。下にある「井川の在来作物」が地図こそないもののほぼ同じ内容を掲載していると思います。

井川の在来作物
http://nanpusu.jp/indigenous-crops/index.html

静岡在来作物研究会
https://shizuokazairai.wordpress.com/

●在来作物について、江頭宏昌氏
セッションでは短い時間のなかで的確なコメントをされていて、箇条書きですが記しておきます。※録音から起こしたものではなく、記憶に基づくメモです。

・タネとりについて……種の交換などに際しては、種そのものでなく採り方などもあわせて手にすることが重要。たとえば、在来カブの種継には様々な伝承が聞かれるが、母本選抜する際に、大きなもの形がいいもの(特徴をよく再現しているもの)だけでなく、一見できそこないのようなものも混ぜることは共通してある。交雑しやすいアブラナ科作物の系統は同じ形質だけがかけあわされると種の力を次第に失っていくからで理にかなっている。

・なぜ焼畑をするのかということ……伝統を守ることと同時に、科学的理解を並行して。輪作体系には雑草の抑制はじめいくつかの意味がある。火入れをしなくなった畑でカブをつくり続けることで、根こぶ病が大発生している。

・新しい食し方、食物のいかしかた、食文化をつくっていくことが重要。

以下参考資料

山形の在来作物・江頭宏昌
http://osyaberinahatake.com/wp/wp-content/uploads/2017/04/no20s.pdf

菅原清康
熟畑化過程における雑草植生の変遷に関する研究
―第6報 原野から熟畑に至る過程における雑草植生の変化

https://www.jstage.jst.go.jp/article/weed1962/23/2/23_2_79/_article/-char/ja/

熟畑化過程における雑草植生の変遷に関する研究
ー第8報 焼畑農法における雑草植生の変化

https://www.jstage.jst.go.jp/article/weed1962/24/2/24_2_74/_article/-char/ja

●以下、順次加筆しますが、写真など

P1280944

P1280902-4
温海では、火入れ許可が年間110件! 一霞のほぼ全世帯が従事している勘定らしい。

P1280907
椎葉の焼畑は小学校での体験授業が長年続けられてきた。実施に際しては地元青年団、すなわち卒業生が支える。ありそうでないこと。

P1280912
これだけ在来の雑穀があるなんて。自給的栽培を保全するなかからのもので、JAや農業振興としての取り組みでは、こうはならないのではと。

P1280915
森と畑と牛と.展で使ったものをアレンジしてつくりました。説明は口頭で。2時間しゃべりっぱなしでした(つまり盛況)。

P1280976

いつごろの記録なのですか? 14年前からはじまった取り組みのなかでとおっしゃっておられたので、10〜15年ほど前だろうか。ただ当時はほとんどつくる人もいなくなっていて、ふたりのおばあちゃんに、ほぼすべての料理を再現してもらったものだという。発売はされておらず、県内の図書館にはVHSで納品されているというが、どれだけいかされているかは不明。もう一度ここ(井川にあるエコパークビジターセンター)に行って、じっくり見るしかないね。

P1280980
「椎葉にあるのも同じだよ~」と関係者いわく。アワボッター、ヒエボッターというのだと思う。形を模したものであるとともに予祝儀礼が子どもの遊びのなかに残存したもの。
材は、竹とヌルデ。
竹については、細工のしやすさととらえがちですが、聖木としてみるべき。ヌルデは焼畑後最初に入ってくるパイオニアプランツ。奥出雲佐白の焼畑地でもそうです。
遷移が進むとほかの樹種におされて消えていくという。

P1280954
山の集落でばあちゃんを見かけたら話しかけずにはいられない。田舎で芸能人に出くわすようなもの!?

P1280991
茶畑の耕作放棄地を茶樹をかたし、ススキを抜き、間伐の枝などもまじえて焼畑に。石は出てきたものを積んだとのこと。レキの多さはこの地域ではふつう。

P1290001
右がハキンカブ、左が地カブ。

P1290011
ダレキビ。まあ、

柿酢

Published / by omojiro / Leave a Comment

本日、濾して、これから熟成に入る。かき混ぜたのは1〜2回程度であって、いじらなかったのがよかったのか、気候やらなにやら素材との相性やら、たまたま運がよかったのか……、ま、ともかくうまくいったような気はする。
取り出したときには、パサパサとした固形状であって、ここから液がしぼれるのかなあと不安がよぎったが、それくらいになっているほうがよいのだろう。
今年の秋は、10本くらいつくってみようと思っている。
採っていい渋柿5〜6本は確保ずみ。「草刈りはしますけん」ということで。なぜ柿なのかという論もそれなりにあるのだが、まずはいろいろやってみませんか。春の草刈りから。活動の3本柱、どれにもかかわることです。お問い合わせはお気軽に。
(面代)

DSC_0092

秋の火入れ〜竹の焼畑2018

Published / by omojiro / Leave a Comment

9月23日の日曜日、おかげさまで秋の火入れが終わりました。

44163306634_1626dfc558_k
30196511587_061a8688b1_k

10月6日の発芽状況。1ヶ月ほど火入れが遅れてしまったこともあり、今年は収穫するまで実ができそうにないのですが、なんとか種とりだけでもとは思っています。 レポートPDFはこちらからダウンロードできます。 【竹の焼畑2018-秋焼火入れ】 akiyaki-hiire 春へ向けての、荒れたタケヤマを再生する試みがつづきます。

〜〜以下は告知時の内容です〜〜

さて、忘れちゃいけない夏のわすれもの。
秋になりましたが、火入れ、やります。
9/23(土)9時〜

◉参加者は現地9時集合です。
ダムの見える牧場 〒699-1434 島根県 仁多郡奥出雲町佐白529-1
(見学はいつでもご自由に。ただし駐車する場所など注意事項がありますので、「いけたらいくかも」という場合でもメッセージくだされば幸い)
◉土も材も連日の雨でしめっております。11時頃に火がつきはじめ、日没までには終えるような心づもりです。

森と畑と牛と.展

Published / by omojiro / Leave a Comment

おかげさまで、充実した3日間が幕を閉じました。
会場を準備いただいた「アトリエ素と|ギャラリー素と」に写真や様子が掲載されています。
https://www.facebook.com/events/177769763064675/
是非ごらんください。

〜〜〜〜
雲南発のリトルプレス『森と畑と牛と』、そのβ(創刊準備号)の出版を記念して、グループ展を開催します。書き手として寄稿している、酪農家、料理家、写真家、建築家、編集者ら、異領域の職業人が、自然と文化と食を考える写真や図版、道具、自然物などを展示する3日間です。
今ここにある暮らしを支えているものを、見たり触れたり食べたり話したりしながら、考え、感じてみましょう。

◉日時
6月22日(金)〜6月24日(日)|11時〜17時
◉会場
アトリエ素と|ギャラリー事と
雲南市三刀屋町三刀屋287−3


千葉ユウキ…………写真|牛と森と
小畑絢子…………写真|仕事の風景
オリゼ・サミ…………暮らしの品|日々の器
すやまともみ…………スケッチ|NOYAMA and
板倉布左子…………写真|私とトリノ、そして島根
三原洋治…………庭|庭師の仕事
大石亘太…………道具|牛飼いのモノ
面代真樹…………焼畑と食をめぐる図書と写真|ぐるぐるまわれ

◉トークライブ
6月23日(土)19:00〜20:30(18:30開場)
参加費500円(1drink付)・要申込(森と畑と牛とまで)・定員10名
「読むこと、食べること、立てること」
案内人……面代真樹
本を読むことと焼畑とのつながり、そして食べるものと、立てる(建てる)ことへ。「と」の世界の驚きと楽しみを味わうクロストークライブです。

◉お問合せ、トークライブのお申込はこちらから
申し込みフォームは閉じました。

Sunday Market CiBO にて

Published / by omojiro / Leave a Comment

毎月第4日曜日、出雲市駅そばで開催されているSunday Market CiBO 。それぞれのお店がスタイルをもった”提案”を展開されているので、とても素敵です。「森と畑と牛と」βを持って行ったりしています。牛乳からバターをつくるワークショップでもお世話になりました。今年の秋には、焼畑の雑穀が販売できるといいなあ。

Start!

サンデー マーケット チーボさん(@sundaymarketcibo)がシェアした投稿 –

森と畑と牛とβ 発売中

Published / by omojiro / Leave a Comment

森と畑と牛とが、大事にしているもの、を、なんとなく形にしてみました。
混沌としていますが、β(創刊準備号)ということで、寛大にみていただければ楽しめると思います。
創刊1号は7月刊行!?

B6版・48頁・オールカラー
定価(本体600円+税)

●取扱店……これから少しずつですが増やしていきます。そばにないけど入手したい、おいてみたいという方、問合せフォームよりご連絡ください。県外国外歓迎。

東京都
◆matsurica 〒151-0066 渋谷区西原3-13‐5 GNADE上原101

島根県
◆古本 冬營舎 〒690-0845 松江市西茶町90-8
◆生活雑貨いちねん草 〒697-0015 浜田市竹迫町2718-34
◆Antworks Gallery〒699-0711 出雲市大社町杵築南1570-6
◆子どもの本 つーぼ 〒692-0011 島根県安来市安来町1706 open:10:30~18:00(不定休)
tel/fax 0854-22-0078
◆杜パンカフェ〒699-1322 雲南市木次町寺領2954-2
◆カフェ・オリゼ (Café A.oryzae)〒699-1311 雲南市木次町里方331-1
◆憩雲 〒699-1221 雲南市大東町飯田36-12

発売は樟舎が行っています。

 

9月20日お野菜まるしぇ〜ワイナリー奥出雲葡萄園

Published / by omojiro / Leave a Comment

ワイナリー奥出雲葡萄園の収穫祭に併催のお野菜まるしぇに出店しました。島根大学里山管理研究会との共同出店です。焼畑の雑穀Mixは試作段階とはいえ、なかなかの完成度だったと自負してます。米と一緒に炊くだけバージョンですが、野菜とまぜるバージョンもつくれそうではあります。
パッケージする手前までが最大の課題。すなわち栽培ならびに乾燥から調製(選別)まで、です。焼畑だけでこれだけの種類の雑穀をそろえているのは日本でも”うちら”だけではないでしょうか。日本の焼畑のルーツを東南アジアにとれば主流は混植。つまりミックスは栽培面からも理にかなっているのです。
年間1000袋(月産100)つくれるようならなあ(遠目)。ざっと100kg。手作業でできなくはないギリギリの量でしょう。100gを500円で販売しましたが、同様として年間売上50万円。手元に残る現金という意味での粗利を5割としましょう。直売500、委託500としての想定。栽培面積と作付、年間総労働時間を出してみて検討します。ざっくりです。ざっくり。

※資料:告知時のテキスト↓
9月10日(日)に開催予定のシャルドネ収穫イベントと共催される【 お野菜マルシェ 】に島根大学里山管理研究会と共同で出店します。11時くらいから店開き予定。焼畑でとれた雑穀と豆を出します。
※注;シャルドネ収穫イベントの参加申し込みは終了。庭カフェは貸し切り、レストランは予約満席です。
他の出店者など紹介はこちら↓